笑顔計画|デザイナー's WEB SITE

WEBサイトは手順が肝心

2018.07.10

この記事は約2分で読めます。

これまでWEBサイトを幾つか作ってきて、いい流れで制作できたなぁと思った時と、順番が違うなぁと思いつつ制作した時があります。何事においてもそうですが、手順というのは実は一番近道で仕上がります。
私が経験したことがある「順番が違うなぁ」の流れを例の話です。それは全部の作業ではなく、制作の一部に携わった時でした。

 

とあるデザインが出来上がり、そこにSEO対策をするということがありました。
SEOでの希望や指定事項などを聞き作成していったのですが、既にできていたデザインを見るとSEOを加味するにもコンテンツがあまり考えられた内容ではない状況でした。
SEO対策は既存のサイトで検索状況などにより手を加えていくパターンと、これから立ち上げるサイトで世の中の動向を考えながらコンテンツを考え、そこにSEOで必要な対策を盛り込むというパターンでしょうか。
私が携わったのはリニューアル案件でしたが、どちらかといえば後者に近い考え方での流れでした。ただし、コンテンツは既に出来上がっており、加味できる箇所は限定されていました。
元々の希望から考えると、SEO対策を考える前に「ああしてこうして」が浮かぶのですが、時既に遅くデザイン完成後で変更差し戻しが利かなくなった時点で来た案件だったので、進むしかない状況。検索キーワードや現在のSEOを考慮しないまま出来上がったという感じです。これは私の予想ですが、リニューアルしてもアクセスに大きな変化はなさそうだな・・・と。多少なりとも自分が関わったサイトなので、向上してくれるとありがたいのですが・・・。

 

順番が違うなぁという案件は少ないわけではありません。自分たちが手順を間違えるのは言語道断ですが、お客様の日を追っての思いや思考の変化、トラブルによる手順の戻しなど、正直あります。
全てが思うような流れでできるのであれば苦労しません。
だからこそなのかもしれませんが、例え手順が思うような進み方をしなかったとしても、最終的にできたものが何の結果も出さないでは悲しいのです。
せっかくリニューアルするならば、今はコンテンツの中身が重要な要素の一部だといわれているのでそこから対策したほうが良かったのでは・・・なのです。

 

自分が制作したサイトでも、全部が全部最初からいい流れに乗って結果を出せた!とは言えません。最終的に閲覧者に左右される部分、世情に左右される部分がありますから、様子を見て修正したりする必要はあります。それぐらい「100%的を射る」ということは難しいことなのです。
WEBサイトは見た目も大事ですが、検索される対象物ということを忘れずに制作していきたいです。そのための見た目、そのための動作などまだまだ勉強していきたいです。

 

カテゴリ一覧へ戻る

コメントをどうぞ

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメントください。全項目入力必須項目です。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プライバシーポリシー

Copyright© 笑顔計画 All rights reserved.