笑顔計画|デザイナー's WEB SITE

WEBデザイナーが持っているといいと思うスキル

2018.06.28

この記事は約4分で読めます。

WEBデザインには様々なスキルが必要です。そのスキルも月日とともにどんどん進化していくので勉強は欠かせません。
HTML、CSS、Javascript、PHPなどは基本になってくるかなと思います。それに各々で使うソフトなどもヴァージョンアップや多種多様なものが出てきているので、選び覚えるのもまた勉強です。
そんな中で、先に書いたベースとなるスキル以外で個人的にこういうスキル持ってるほうがいいなぁと思ったものを書いていきたいと思います。

 

 

カメラ(写真)撮影スキル

私が一眼カメラを買ったのはかなり前になります。仕事はさておき趣味というかいい写真が撮れるようになれたらなぁと憧れ的なきっかけからスタートしました。
腕はまだまだですが、今では仕事でもカメラを使っています。
撮影スキルがあるといいなと思う理由は

 

この2つです。仕事柄素材写真を使う時が多々あります。普段はそれでいいと思うのですが、たまに思うような写真がないという時があります。その場合考えられる手段として

が思いつきますが、「思うような写真がない」というのは

どちらかでしょうか。後者の場合は特に素材としてあまり存在しないようものだったりもします。画質がいいとかは大前提ですが、例えば地方の食べ物の写真とかって全てを素材サイトが網羅することは難しいでしょうし、単純にデスクの上に揃えられるようなものでも組み合わせがなかったりということもあります。そういう時に撮影スキルがあったら便利です。現に私自身それで素材を補っている時もあります。
今ではスマホカメラも性能がいいので気軽に撮ってみてもいいのではないでしょうか。ただしデザインにおいて写真をWEBとグラフィック等で共用することも考えられますので、用途に応じて使い分けは必要です。

 

 

英語スキル(リーディング)

こう書くとまるでペラペラしゃべりそうな感じですが、私自身全く話せません^^;
WEBにおいて必要なのはスピーキングではなくリーディングだと思います。なぜなら分からないことを調べて見つかる答えのサイトは半分英語サイトだから。言語こそ違うけれどHTML、CSS、Javascript、PHPの記述は基本一緒。その一部分で検索して日本語で解決できる時もあるけれど、ヒットした!と思ったら英語ということもあります。またwordpressのプラグインなども英語が多いでしょう。スラスラ読めたら楽なのに・・・と思うこと多々です。

 

読めるからといって書くことまではそんなに必要ないかと思います(あって損ではないので見につける余裕のある方はぜひ!)。読むような文章を書くと言って思いつくのは翻訳でしょうか。WEBサイトも多言語化が増え英語サイトを作る機会もあります。
ただその英語は書こうとしてもおそらく難しいです。求められるレベルにもよりますが、翻訳も人により異なり、業界により表現が変わり、ネイティブさえもが試行錯誤して翻訳しているのを知人を通じて知っています。だから書く力を求めるわけではありません。HTMLやCSSには単語も出てくるので全く知らないというのもなんですが、タグを覚えられればいいのですからそこまでスキルを云々ではないですね。


勉強方法はいろいろあるそうですが、私は英字新聞で少しずつ(亀の歩みのように)進めております。

 

 

WEB分析スキル

これは正直奥が深い!カメラや英語も身につけるのは大変だと感じていますが、分析スキルは幅広く多岐にわたって分析しないといけないから、一筋縄ではいかないと思います。
アクセス数が分かれば・・・なんてもったいない。もっと踏み込んでサイトの訪問情報を知る必要があると思います。
私自身あれこれやっていますが、今よりもっと追求していきたい分野の一つでもあります。

こういったスキルももっともっと深堀りしていきたいですね。WEBサイトはその存在が「売上を伸ばしたい」「商品や人をアピールしたい」など更なる目的のためのツールなので、その目的のためにサイトを分析する力は大きいスキルになると考えています。後に出てくる文章力のためにもキーワードを見つけたりするのに便利ですしね。タグマネージャもしっかり理解したいです。

 

 

文章力スキル

こういったサイトやブログの記事を書くのも一つの勉強と思っています。毎回タイトルを書いては悩み消しては直しを繰り返しています。
以前は被リンクを買ったりテキストをキーワードバランスを見ながら詰め込んだりという方法があったSEOも、今は被リンクの数自体は有効としても「質の高い被リンク」が必要で、その元となるのが自然で魅力的なコンテンツであり、その元になるのが文章力だと考えるからです。


「質の高い被リンク」とは何か?それは検索にかかりたいキーワードを含んだ、その派生する文章が自然でコンテンツ自体閲覧者が魅力的だと感じ、何の疑いもなく「このサイト有益だよ」「このサイト役に立ったよ」「このサイトいいよ!」とごく自然にリンクを貼ってくれるようなそんなリンクです。そんなリンクは1日で激増するでもなく少しずつコンテンツを発信し、共感を得て初めてリンクが貼られるのではないでしょうか。そしてそういうリンクが多いのは検索エンジンも「このサイトは不自然さがない質のよいサイトだ」と判断されるのではないでしょうか。

 

ここ最近大人の語彙力がブームのようですが、語彙力以外にも普通の文章やメールにおいて正しい表現、スキルの高い言い回しなどを覚えていきたいですね。それが発展して私自身のキャッチコピーなどももっと良くなると信じたいです。

 

 

おそらくここで書いた以外にもこんなスキルあるといいよね♪というものが多々あると思います。気づいたらまた改めて書いていきます。

カテゴリ一覧へ戻る

コメントをどうぞ

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメントください。全項目入力必須項目です。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プライバシーポリシー

Copyright© 笑顔計画 All rights reserved.