笑顔計画|デザイナー's WEB SITE

モバイルファーストインデックス 本格化が進んでいます

2018.07.20

この記事は約3分で読めます。

2018年3月、Googleが全サイトを対象にすると発表したモバイルファーストインデックス。仕事でサーチコンソールを使っていて、最近その通知がされるようになってきました。
モバイルファーストインデックスとは、これまでパソコンサイトの評価にスマホサイトなどが準じていましたが、それが逆転します。例えば今まではスマホで検索した際にパソコンだけのサイトが上位にあがってくる事もあったのですが、順次スマホ優先に変わっていくということです。
3月に始まり、今通知が増えてきてなので今日明日ですぐに順位が入れ替わるということではありませんが、レスポンシブサイトを推しているGoogleですから順番が変わってくるのは間違い無しですね。Yahoo検索もGoogle検索の技術を採用していますので、順位がやや異なってくるにしてもスマホサイトへの基本的な対策はやるべきだと考えます。

 

 

なぜモバイルファーストなのか

サイト全体においてスマホやタブレットでの閲覧者数がパソコン閲覧者数を抜いたからです。場合によってはまだ閲覧者数がパソコン版を抜いていないサイトも存在すると思いますが、全世界対象ですから世界的にはそういうデータが存在するということです。若手の方の中にはパソコン操作が分からないという方もいるそうで、代わりにスマホやタブレット環境なのでしょうね。私自身仕事柄パソコンは触りますし慣れも強いながらも、外出時やオフタイムはスマホやタブレットが多いです。

 

 

何をしたら良いか

モバイルが優先ということでスマホに対応したサイトを作ることがまずは大事。ただ「スマホサイトがあればいい」のではありません。TOPページだけとか採用ページだけスマホページを作るだけでは対応策とはなりません。このモバイルファーストインデックスはページ単位ではなくサイト単位で見られます。スマホサイトが基準になるのですから、単ページだけだったりカンタンなページものだと本来伝えたい情報が伝わらなくなり、結果検索結果でもカンタンな内容だけが表示順位で採用され、肝心の情報が詰まったパソコンサイトが見られる機会が減るということにもつながります。

 

 

Googleが推すレスポンシブが現時点ではベスト

最も良い策はサイトをレスポンシブサイトにすることです。レスポンシブサイトとは1つのデータを見る媒体によってレイアウトを変化させて見ることができるサイトです。当サイトもそうです。パソコンだけのサイトと違い制作コストもかかるのですが、長い目で考えるとベストな選択をするほうが間違いないと思います。

 

 

追加でスマホサイトだけ作るのは?

場合によってはレスポンシブにできないということもあるかもしれません。選択肢に限界がある場合、スマホのコンテンツを重要視して作り、できればパソコン版とページ構成をあわせることがいいかなと個人的には思います。パソコンサイトとスマホサイトに違いが少ないほど影響が少ないと思われるからです。実際存在するサイトを見ると、レスポンシブもあればアダプティブ(見る媒体によって媒体毎のページデータがある)やサブドメイン・サブディレクトリで運用しながらもうまくいっているサイトもありますよね。もちろんそのための設定などもいろいろあるのですけれど、その設定さえ行えば成功するのではと思います。サイト制作では予算の関係もありますので、可能ならばレスポンシブへの変更で、難しければ充実したコンテンツのスマホサイトを作成するべきだと考えます。

 

 

WEB業界はどんどん進化していくので、数年経ったらまたどうなるかと思いますが、生きた情報を発信するということは、そういう環境の変化にも順応していかなければいけないのです。

カテゴリ一覧へ戻る

コメントをどうぞ

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメントください。全項目入力必須項目です。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プライバシーポリシー

Copyright© 笑顔計画 All rights reserved.