笑顔計画|デザイナー's WEB SITE

Googleのアカウントセキュリティは重要です

2018.08.18

この記事は約2分で読めます。

WEBサイトの様々な状態を見るために活用しているGoogleアナリティクスとサーチコンソール。それらを利用するためにGoogleアカウントを所有しています。
何かトラブルがあったときやサイトのアクセス状況を見たりするのは、サイトの“健康上”不可欠なのですが、Googleのアカウントセキュリティも同じように健康を保たないといけません。

 

実は最近サーチコンソールからの通知で、所有権は私だけれども最近使っていなかったGoogleアカウントにサイトの所有権が与えられましたという通知が来ました。目的別でGoogleアカウントを複数所有していて、通常使っているGoogleアカウントとは違う古いGoogleアカウントに与えられたということで、頭の中が???だらけ。サイトデータ、GA、サーチコンソールをそれぞれ確認し、古いGoogleアカウントへの権限を削除しました。サイトのログデータを見る限り不正アクセスはなさそうでしたが、不安は消してしまおうと思いパスワードを変更したりしました。

 

Googleアカウントのセキュリティは結構強いものだと思いますが、過去に1度だけGoogleアカウントに不正アクセスの試みがあったことがありました。ログインはされなかったですが(アクセス自体も海外からのようでした)、その頃は今よりもGoogleのセキュリティ自体が厳しくなくてクライアントさんでも同じ事例を聞くことがありました。この時も自分のパスワードも変更しましたし、クライアントさんにもそうしたほうがいいと勧めました。

パスワードは基本ある程度定期的に変更しています。Googleだけでなく、ショッピングやサーバ関係もそうです。Googleのような2段階認証などセキュリティサービスがあるものは必要に応じて使えばいいですが、基本IDやメールアドレスとパスワードで紐付けられているものがほとんどですし、パスワードは定期的に変更できるものが多いのでセキュリティ対策の一環で行っています。
ちなみにパスワードは可能な文字でできるだけ複雑にしたほうが良いです。複雑かつ10桁以上が良いかなと思います。8桁は1分もかからず突破されてしまうといわれています。

 

セキュリティの基本は自分で自分を守ることからです。

カテゴリ一覧へ戻る

コメントをどうぞ

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメントください。全項目入力必須項目です。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プライバシーポリシー

Copyright© 笑顔計画 All rights reserved.