笑顔計画|デザイナー's WEB SITE

イラストレーターファイルの保存時

2018.08.06

この記事は約2分で読めます。

イラストレーターを使ってファイルを作ると、写真が多かったりしたらデータは結構な容量になります。作成したファイルを外付けHDDなどに保存するのですが、やはり開くのにも相当な時間がかかるようになります。仕事スピードが遅くなる~~~!と嘆いていた時もありましたが、幾つか調べてようやくどう保存していったら良いか(保存時のオプション)が分かってきました。

 

※画像はリンク配置を前提としています。

※調べた際、以下が参考になりました。ありがとうございます。

 

 

WEB用素材のファイル(イラストレーターだけで開くファイルの場合)

●PDF互換ファイルを作成(チェックを外す)

●配置した画像を含む(チェックを外す)

●ICCプロファイルを埋め込む(チェックを外す)

●圧縮を使用(チェックを入れる)

外して保存すると、結構軽いデータになります。
「PDF互換ファイルを作成」というのはイラストレーターのデータとPDFデータが一緒に保存されるものだそうです。
「配置した画像を含む」は埋め込みの場合はチェックが必要です。
「ICCプロファイルを埋め込む」というのはチェックを入れると使用しているカラープロファイルを埋め込むことができるそうですが、外して困ることもなかったので外して良いと思います。
「圧縮を使用」のチェックはしないよりするほうが少しは軽くなるので入れたままでOKです。

注意1:Photoshop等、他のソフトでこのイラストレーターデータを開く際にはチェックが必要です

注意2:他の人との受け渡しがある際はか確認してからのほうが良いです

 

 

印刷物のファイル

印刷会社に確認したほうが良いと思いますが、いろいろ調べてのまとめとして。

●PDF互換ファイルを作成(最終入稿データ以外はチェックを外しても大丈夫)

●配置した画像を含む(チェックを外す)

●ICCプロファイルを埋め込む(チェックを外す)

●圧縮を使用(チェックを入れる)

これでよいかと思います。
「PDF互換ファイルを作成」に関しては、WEBと違って特に印刷物データは容量が重い・・・。そしてちょっとした違いで複数のファイルを作る機会が多いとなると、作業的にはファイルが軽くなるほうがいいですよね。なので最終データとして入稿するもの以外はチェックを外しても良いと思います。チェックしたかどうかのチェックが面倒ならば、チェックを入れたままでも良いと思います。
「配置した画像を含む」はWEB同様、埋め込みの場合はチェックが必要です。
「ICCプロファイルを埋め込む」「圧縮を使用」はWEBと同様です。「ICCプロファイルを埋め込む」は印刷会社に確認しても良いと思います。

カテゴリ一覧へ戻る

コメントをどうぞ

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメントください。全項目入力必須項目です。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プライバシーポリシー

Copyright© 笑顔計画 All rights reserved.