笑顔計画|デザイナー's WEB SITE

影響アレルギーを読んで

2021.01.22

この記事は約2分で読めます。

私が更新通知を受け取っているサイトの1つにSuperfly越智さんの「ウタのタネ」というのがあります。

 

 

この回の記事「影響アレルギー」は私の中でもあるように感じてます。

 

デザインのお仕事というのはもちろん自分の中で様々なアイデアを出してカタチにしていくのですが、お客様のヒアリングで具体的なビジュアルで確認するために、参考になるデザインやサイトを伺っています。
まるで別方向のテイストにはしたくないので当然それらを見るわけですが、見るとその影響が怖くもあります。越智さんの言う警戒心というよりは、引き込まれ過ぎてはならない思いからの自分なりの自制心というか何というか。


お客様とのことに関わらず、最近のデザイン傾向を確認したり気になる動き(WEBでの)を見つけた時の状態をチェックしたりもするから、引き込まれ過ぎないよう気にしてます。

 

WEBでは特に自分なりのルールとして駆け込み寺のような時間のない案件でなければ、何かしら新しいことを盛り込んでいます。それはCSSだったりJavascriptだったりします。小さなことでもいいので取り込んで前に進みたいんですね。


周囲の技術者にしたら大した技でもなくもっと様々な進化を取り入れて制作されているだろうから何だよぐらいのことなんですが、いいなと思った技に自分のこれまでの収穫を足してこうするのはどうだ?みたいな実験をして、ただ「技を知る」ではなく咀嚼して自分のものとして身につけ昇華させたいというのが今の自分です。


そういう意味では影響されまくりじゃんというツッコミがありそうですが笑、出来上がったビジュアルやソースの書き方などにはやはり自分らしい考え方を盛り込んでいるつもりです。
よくデザインやソースの盗難がニュースになってますよね。中身を見たら丸パクリという…あれは影響どころか何も考えてない、何も仕事していないだから外に置いといて、そういうニュースのせいもあってそれがまかり通る業界であってはいけないと思うから、影響はなるべく最小限で抑えたいわけです。

 

越智さんが記事の最後に書かれている「良い影響を届けられる人であるために」というのは私にもあります。そう言いつつもこうやって書いている言葉やアップしている写真・画像、日頃のお仕事で作っているコンテンツにそんな影響力があるかどうかはさておき、誰かが嫌な思いをするるものは避けよう、誰かが誤解するものは無くそう、それだけは最低限意識していたいです。

 

 

カテゴリ一覧へ戻る

コメントをどうぞ

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメントください。全項目入力必須項目です。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください