笑顔計画|デザイナー's WEB SITE

【色の話】赤

2018.06.06

この記事は約1分で読めます。

赤は色味にもよりますが、刺激が強いですね。

WEB上で見る色味は基本的に明るく出るのでそういった感があります。

なので少し暗めのトーンを選んだりもします。

 

「赤」は消防車、血液、信号の止まれなど、安心というよりは警告や目に留まらせたいときなどに使用すると効果がありますね。

それと食欲増進のイメージもあります。 使いすぎると攻撃的なイメージにも繋がります。  

 

一時期、下着に赤を利用すると血行がよくなるとか運気が上がるなんてことも言われましたが

実際体温が上がるという話も聞いたことがあります。

運気はそうやって健康的になって 調子がよくなるから?ですかね。事実は不明ですが・・・。  

 

さて赤も様々です。

紅緋
朱色みたいな色ってこういうのかな。
この赤は若干刺激少なめでしょうか。
深緋
こきひと読みます。秋の赤色っぽくなりますね。
臙脂
えんじですね。あれ?臙脂ってこんな色だっけ?と思ったほど、白っぽい。
茜色
夕焼け空によく言われる色ですね。実際の夕焼けはここまで赤くないのですけど。
真紅
こんな色の口紅が流行った時期もありましたね。

世界における赤

 

個人的に思う赤と相性のいい色

こんな記事もあります

カテゴリ一覧へ戻る

コメントをどうぞ

メールアドレスは非公開です。お気軽にコメントください。全項目入力必須項目です。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プライバシーポリシー

Copyright© 笑顔計画 All rights reserved.